ネットワークカメラで犯罪を未然に防いで安心出来る日々を送る

防犯イメージ

種類によって機能が違う

カメラ

ネットワークカメラを防犯対策として取り付ける家庭も多くありますが、利用する家庭によって目的が異なる場合があります。その用途にあったネットワークカメラを探す事が大切です。また、ネットワークカメラは、アナログカメラとデジタルカメラで分けられます。アナログのネットワークカメラは、専用のケーブルを使ってテレビなどに繋げて、映像内容を確認することが出来ます。また、アナログのネットワークカメラでしたら、撮影した動画や写真のデータをDVDなどに残せます。アナログタイプでしたら、映像が途切れる心配がありません。外が暗くなる夜でもしっかりと映すことが出来ますし、車のライトなどが眩しい場合でも補正することではっきりと映像が見れます。

デジタルのネットワークカメラは、ウェブ上で使用出来る最新型のものが多いです。また、撮影した映像を自動的に保存してくれますから、あとから自分でDVDなどにデータを移す手間がありません。しかし、必要であればDVDやSDカードなどに残すことも可能です。デジタルタイプは、映像をデータ化してパソコンなどの機器に転送する際のスピードが早いのが特徴です。パソコンなどと繋げればライブ映像として見ることが出来ます。ですから、旅行などで長期間お家を留守にする場合でも、ネットワークカメラとパソコンを繋げば、たとえ遠く離れていてもお家の状況を監視することが出来ます。最近では、スマートフォンと繋げられるものもあります。

Copyright ©2016 ネットワークカメラで犯罪を未然に防いで安心出来る日々を送る All Rights Reserved.